SSブログ
1)伝統・文化 ブログトップ
前の30件 | -

【日本語メモ】海をはさんだ「同級生」問題 [1)伝統・文化]



タグ:日本語メモ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【御朱印巡り】禰豆子に似ている? 鬼女ならぬ貴女まつる信州の寺 [1)伝統・文化]


タグ:御朱印巡り
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【花外楼の人・歳時記 水無月】料理を引き立てる皿に 東海道五十七次、謎めく旅情  [1)伝統・文化]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【一聞百見】火箸風鈴の音色は「東洋の神秘」 明珍家第53代当主・明珍宗敬さん [1)伝統・文化]

【一聞百見】火箸風鈴の音色は「東洋の神秘」 明珍家第53代当主・明珍宗敬さん

「一聞百見」 明珍宗敬
「10年を超えて多少自信がついた」と話す明珍宗敬さん=兵庫県姫路市(柿平博文撮影)
 つるされた一対の火箸(ひばし)が触れ合うたびに、心地よい澄んだ音色が響き渡る「明珍(みょうちん)火箸風鈴」。遠方の偶然入った店先でふと、この涼やかな音が聞こえると、ファンは全国にいるのだと気づかされる。製作を手掛けるのは、兵庫県姫路市に工房を構える明珍家。平安時代の甲冑師(かっちゅうし)の流れをくむ鍛冶職人の家系だが、今春、その長い歴史に新たな一ページが加わった。約30年ぶりの世代交代。第53代当主に就任した明珍宗敬(むねたか)さん(45)の心境を聞こうと、工房を訪ねた。(聞き手・姫路支局長 小林宏之)
30年ぶり世代交代
 世界文化遺産・姫路城から北に約1キロ。にぎやかな街の一角に明珍の工房がある。中をのぞくと、薄暗い作業場に赤紫の炎が燃え盛る炉。その中で紅色に輝くコークスの塊。炉の前に座る宗敬さんは、その炎から取り出した細い鋼(はがね)の棒を金床に載せ、金づちでリズミカルに鍛え続けた。「ふと気づけば、たたくリズムは先代と同じ。きっとここに、いい音を出す秘密が隠されているんでしょうね。私たちが継承しているのは、このリズムなのではないかと思うんです」
>>続きを読む

タグ:一聞百見
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の30件 | - 1)伝統・文化 ブログトップ