So-net無料ブログ作成
②産業・技術 ブログトップ
前の10件 | -

実取 義洋 農家 理想と現実の間で持続可能な農業を続ける [②産業・技術]

logo
本記事掲載のWedge5月号『創刊30周年記念インタビュー「新時代に挑む30人」』では、「ホンダジェット」の生みの親・藤野道格氏ラグビー日本代表・リーチ・マイケル氏USJ復活の立役者でマーケターの森岡毅氏大峯千日回峰行を満行した大阿闍梨・塩沼亮潤氏など様々な分野で令和の時代を牽引していく30人にインタビューを行いました。

「自然農法」という理想を持って、条件の厳しい山間部で就農した青年。10年の歳月をかけて経営として成り立つ農業を確立した。 

実取 義洋(みとり・よしひろ):1980年生まれ。父親が営む養豚業を手伝うかたわら、環境保護活動に取り組む。その後、思い立って就農。自然農法によって、在来種のコメの生産に取り組むほか、水田ごぼうの生産にも力を入れ始めた。
(写真・生津勝隆)

 

 「30年後、私は68歳。父の今の年齢になります。その時まで、山間地に人が住み、山林も農地もあり、きれいだと言ってもらえる風景が残せるかどうか」

 実取義洋が子どもの頃住んでいた熊本県菊池市の山間部に戻り、農業を始めて10年近くになる。農薬だけでなく肥料も使わない「自然農法」でコメを作る。イノシシが出て全滅した年もあるなど苦労の連続だったが、「自然」にこだわり続けた。

 父は養豚業を営む。「命」を頂いあて大きくなったことに「疼(うず)き」のようなものを感じてきた。狭い豚舎でストレスをため、病気が出るのを抑えるために、抗生物質を与える。まるで人間社会の縮図ではないか。

 自然農法という農業の常識からすれば無謀な取り組みに、周囲の農家は温かい目を向けた。菊池には40年以上前から自然農法に挑戦する先輩たちがいた。

 「皆が安全で安心な物をお腹いっぱい食べて笑顔になるために努力をしてきた。先輩たちの思いが息づいている」。そんな伝統をどう次世代につないでいくか。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

北海道が「自動運転」農機で最先端を行く理由 [②産業・技術]

logo
(alphabetMN/gettyimages)
世界の自動車メーカーが「自動運転」技術の実用化に向けてしのぎを削っているが、農業の世界では、すでに一部で実用化が進む。国内でその最前線に立つのが”北海道”だ。食料自給率が1000%になるような大産地を擁し、生産性の向上にはもともと熱心な土地柄。それに人手不足が加わり、効率化のための設備投資が加速している。ここから見えてくる課題を紐解いて行けば、日本の農業の将来を見通すことができる。

 十勝・オホーツクといった北海道を代表する畑作地帯で、一戸当たりの農家の経営面積は右肩上がりを続け、平均で数十ヘクタールの規模に達している。農機の大型化、ガイダンスシステムや自動操舵技術によるICT化が進む一方で、農家の労働時間がむしろ長くなるというパラドックスのような現象もみられる。農家と「でめんさん」(北海道の方言で日雇い労働者を指す)が減り続ける中、より少ない労働力で大面積をこなすことは可能なのか。

>>続きを読む

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

おとぎ噺で人工知能の〝素顔〟を伝える 川添 愛・小説家 [②産業・技術]

logo
本記事掲載のWedge5月号『創刊30周年記念インタビュー「新時代に挑む30人」』では、「ホンダジェット」の生みの親・藤野道格氏ラグビー日本代表・リーチ・マイケル氏USJ復活の立役者でマーケターの森岡毅氏大峯千日回峰行を満行した大阿闍梨・塩沼亮潤氏など様々な分野で令和の時代を牽引していく30人にインタビューを行いました。

生活を便利にする人工知能。だがその仕組みを私たちはどこまで知っているだろうか?人工知能、特に「言葉の認識」について、その難しさを伝えようとする小説家がいる。

川添 愛(かわぞえ・あい):1973年生まれ。九州大学文学部文学科言語学専攻卒業、同大学院博士号(文学)取得。2016年まで国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授を務め、小説家として独立。『自動人形の城 人工知能の意図理解をめぐる物語』など著書多数。(写真・山本広樹)

 

 「人工知能(AI)の基礎となる情報科学や数学は、専門家以外から見れば魔術的でミステリアスな分野です。物語を通じ、噛(か)み砕いて世に伝えていければ」と、AIをテーマに据えた小説を出版した川添愛は語る。

 元々は大学で文系の言語学を学んでいた。博士課程の最中、国立情報学研究所で研究アシスタントとして働き始めたのが転機となり、理系である自然言語処理の分野に飛び込む。後に特任准教授の肩書を得て「曖昧な人の言葉を機械にどう正しく認識させるか」に取り組むようになった。

 「たとえば、『~じゃない』にも三つの意味があります。『~ではない』という否定。『~だ』という断定。『~ではないか』という推量。私たち人間はそういった曖昧性をほぼ無意識に処理して〝正解〟を選んでいますが、現時点のAIに同じことをさせるには、膨大なデータと手間が必要です」

 

 

 

 


タグ:人工知能
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

高温ガス炉の新燃料開発 取り出すエネルギー3倍に [②産業・技術]

産経ニュース


高温ガス炉の新燃料開発 取り出すエネルギー3倍に

 日本原子力研究開発機構は12日、次世代原子炉「高温ガス炉」の新燃料を開発したと富山市で開かれた日本原子力学会で発表した。従来の約3倍となる、1日にウラン1トン当たり1億キロワットのエネルギーを取り出すことが可能という。機構は「実用化に向けた鍵の技術が確立できた」としている。
 高温ガス炉は燃料の冷却に水ではなくヘリウムガスを使うのが特徴で、機構は東京電力福島第1原発事故で起きた炉心溶融や水素爆発が起きないとしている。大型化が難しいデメリットもあるが、ポーランドなどで導入に向けた動きがある。
 機構によると、高温ガス炉の燃料は微小な球状のウランをセラミックスの被膜で覆ったものを使う。燃料からより多くのエネルギーを取り出すと発生したガスで被膜が破損する恐れがあるため、被膜やガスがたまる空間を厚くし、破損の確率をほぼゼロにできたとしている

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

北海道の酪農家がベトナム人の指導も受けてグローバルGAPを取った理由 [②産業・技術]

logo

 道東エリアの最東端にある別海町は、一大酪農地帯として知られる。大型の経営が多く、搾乳ロボットのような最新鋭の設備を導入する農家もいる。同町の農家2軒がグローバルGAPを昨年12月、酪農家としては国内で初めて取得した。日本版GAP認証(JGAPなど)もある中、グローバルGAPを取ったのは、輸出狙いからではない。国際標準となっているグローバルGAPの考え方の理解に加え、欧米を中心に作られたルールを日本に合うように変えるため、足場を作る意味がある。

別海町には牧草地を持ち、飼料から生乳まで一貫して管理できる経営体が多い

グローバルGAP取得はベトナムが突出

 GAPはGood Agricultural Practice(良い農業の実践)の略で、「農業生産工程管理」とも訳される。農作物の安全性や労働環境、環境への配慮などを認証する仕組みだ。東京オリンピック・パラリンピックでは食材の調達時にGAP認証を取得している農産物が優先されるとみられる。国内ではオリンピックを一つの山場に、取得が進みつつある

>>続きを読む

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【エンタメよもやま話】新型AIがヒトの脳になる 米マイクロソフトが1000億円を投資した驚愕の事業とは [②産業・技術]

【エンタメよもやま話】新型AIがヒトの脳になる 米マイクロソフトが1000億円を投資した驚愕の事業とは

8月16日アップの、よもやまの写真です 撮影場所は産経新聞大阪本社の玄関です
「汎用人工知能(AGI)」の本格開発で、ソフトバンク社の人型ロボット「Pepper(ペッパー)」も将来、より人間に近い考えや行動を起こすかも知れない…
 今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となるAI(人工知能)関連のお話です。
 2016年2月29日付の産経ニュースでの本コラム「グーグルも開発…子育て、老人の友、性欲ラブドール『AIロボットと結婚する時代!』英の学者に欧米が注目」でご紹介したように、欧米では約3年半前から、将来、AIを搭載したロボットは限りなく人間に近づき、友人や仲間になるだけでなく、人間に極めて近い進化を遂げたAIロボットと人間が結婚する例が出てくるとの見方が出始めていました。
 「そんなアホな~」と思った方も多いと思いますが、実はいま、欧米では、そんな未来が一気に現実化する計画が明らかになり、物議を醸しているのです。今回の本コラムでは、その計画などについて詳しく説明いたします。
>>続きを読む

タグ:新型AI
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本の最先端農業「ドローンで田植え」 [②産業・技術]

logo
種もみをまいているところ。キラキラと輝いて見えるのが種

 

 コメの生産コストで最も大きいのは労働費だ(10アール当たり※注)。そのうち、育苗(苗を育てること)と田植えを合わせた比率は3割弱。この部分がカットできると、生産コストの低減効果が大きい。そのために、米カリフォルニア州で一般的な種もみを空中散布する技術を日本に根付かせたい。ただし、圃場の規模に合わせて飛行機ではなくドローンで。こんな試みが福島県楢葉町の水田で行われた。

丈の短い品種を空中散布

 楢葉町の広さ3反(30アール)の田んぼ。ズォーという大きな羽音を立てて、全長2メートル近い8枚プロペラの大型のドローンが飛んでいく。下部に取り付けられたタンクから種もみをばらまき、水面が一部だけ雨粒が落ちているように泡立つ。傍らで見守る農家が「すごいなあ」と声を漏らした。

 

 

 

 


タグ:ドローン
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

改定された単位の定義、宇宙と世界の何が変わる? [②産業・技術]

JBPress

改定された単位の定義、宇宙と世界の何が変わる?

さよならキログラム原器、こんにちはプランク定数

2019.5.20(月) 小谷 太郎
第26回国際度量衡総会で展示された国際キログラム原器のレプリカ。(写真:ロイター/アフロ)

(小谷太郎:大学教員・サイエンスライター)

 2019年5月20日の「世界計量記念日」に、質量の単位「キログラム」の定義が変わりました。

 この日までは、1 kgとは、フランスはパリの「国際度量衡(どりょうこう)局」にある、不活性ガスの満たされた保管容器内に鎮座まします白金・イリジウム製の「国際キログラム原器」の質量、と定義されていました。

 しかし2018年11月16日、国際度量衡総会において、日本を含む世界各国の代表は満場一致で、「プランク定数」という自然の物理定数を基礎とするキログラムの新しい定義を採択しました。同時に、アンペア、ケルビン、モルの定義も改定されました。この日の改定は、2019年5月20日をもって適用されると定められました。

 5月20日までは、1 kgの質量といえば国際キログラム原器の質量、体重50 kgといえば国際キログラム原器50個分の質量、私たちの太陽の質量は2×10^30 kgすなわち国際キログラム原器2×10^30個分の質量だったのですが、今後はそのような単純な定義ではなくなります。新しい定義はもっと高精度で安定で宇宙的で、しかし複雑で抽象的です。

 この改定で何がいったいどう変わるのでしょうか。私たちの生活は明日からどうなるのでしょうか。国際キログラム原器がお役御免になったら体重計の数値はどうにかなるのでしょうか。

 単位系の改定について、この連載では以前からあれこれ予想を述べたりしていましたが、とうとう適用の日を迎えて、今回は物理学的な視点で解説します。

>>続きを読む

?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本の元気 山根一眞】燦然と輝く! 日本の先進的な製造業技術 [②産業・技術]

【日本の元気 山根一眞】燦然と輝く! 日本の先進的な製造業技術

週刊東洋経済「新・メタルカラーの時代」のA3見開き写真ページ例。写真もすべて筆者が撮影している
週刊東洋経済「新・メタルカラーの時代」のA3見開き写真ページ例。写真もすべて筆者が撮影している

 

 

 日本の「ものつくり」の時代は終わったと口にする人が少なくないが、ある製造機械の技術者はこう語っていた。

 「ジェット機だろうと新幹線だろうと、その部品、部材を作っているのは製造マシンなんだ。製造マシンなしにこの世は成り立たない。われわれはそれを作っている。だから、われわれの仕事は永遠不滅なんだよ」

 日用品などの多くの製品がメード・イン・チャイナとなったことも、「日本の製造業は衰退産業」という錯覚を大きくしてきた。だが、先進的な製造業での日本の技術力は、今も燦然(さんぜん)たる輝きを持っている。それだけに、先進的な製造業の仕事を緻密に伝えなくてはという思いが募っていた。

>>続きを読む

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ②産業・技術 ブログトップ