SSブログ
3)ライフ ブログトップ
前の30件 | -

【地方移住ナビ】石川県 ニーズに応えられる懐深さ [3)ライフ]

産経ニュース

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【地方移住ナビ】新潟県 検討段階に合わせて相談対応 [3)ライフ]

産経ニュース

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【橘ジュンの人生相談】私がやるのはどうでもいい仕事? 意欲が萎えそう [3)ライフ]



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【地方移住ナビ】愛媛県南予地方 風情と郷愁 豊かな自然 [3)ライフ]


産経ニュース

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【川村妙慶の人生相談】母の不貞が夫のトラウマに [3)ライフ]



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

戸塚ヨットスクールが「0歳児教育」に力を入れるワケ [3)ライフ]


戸塚ヨットスクールが「0歳児教育」に力を入れるワケ

なぜ今の子供たちには「体罰」が通じないのか?
2021.7.9(金)木崎 伸也

 木崎伸也氏の連載企画第2回は、戸塚宏氏へのインタビューを実施。今回は後編を掲載する。

前編「戸塚ヨットスクール校長語る「俺は偏差値秀才だった」」はこちら
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65570

中編「戸塚宏「精神論を語るやつはダメになる」」はこちら
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65572

(木崎 伸也:スポーツライター)

戸塚宏(とつか・ひろし)
名古屋大学工学部卒。大学からヨットを始め、1975年に沖縄海洋博記念「太平洋-沖縄・単独横断レース」で優勝。翌76年に戸塚ヨットスクールを設立。79年から82年にかけて、体罰が原因とされる塾生5名の死亡事故が起こり、傷害致死罪、監禁致死罪で起訴される。19年を要する長期裁判ののち、懲役6年が確定。現在は出所し、同スクールを再開している。

いまは本能がダメだから、体罰でも手遅れ

——かつて戸塚ヨットスクールは、不登校児、ひきこもり、非行少年・少女の更生施設として知られていましたが、もうそういう問題児の受け入れはやっていないそうですね。

 今、うちで受け入れているのは、3歳から8歳までのジュニアだけやね。

 長いことやって、わかったんや。昔は入って来た訓練生とその親に対して『ちゃんとしてやる。必ず直してやる』と言うことができた。今はね、それが全然言えん。もう直らんから。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

戸塚宏「精神論を語るやつはダメになる」 [3)ライフ]

戸塚宏「精神論を語るやつはダメになる」

戸塚ヨットスクール校長が語る、根性、精神論、極限状態、児童教育・・・
2021.7.8(木)木崎 伸也

 木崎伸也氏の連載企画第2回は、戸塚宏氏へのインタビューを実施。今回は中編を掲載する。

前編「戸塚ヨットスクール校長語る「俺は偏差値秀才だった」」はこちら
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65570

(木崎 伸也:スポーツライター)

戸塚宏(とつか・ひろし)
名古屋大学工学部卒。大学からヨットを始め、1975年に沖縄海洋博記念「太平洋-沖縄・単独横断レース」で優勝。翌76年に戸塚ヨットスクールを設立。79年から82年にかけて、体罰が原因とされる塾生5名の死亡事故が起こり、傷害致死罪、監禁致死罪で起訴される。19年を要する長期裁判ののち、懲役6年が確定。現在は出所し、同スクールを再開している。

「できるわけがない」ことで1秒を削る

——戸塚さんは名古屋大学卒業後、ヨットマンとして活躍し、1975年、35歳のときに沖縄海洋博記念「太平洋—沖縄・単独横断レース」で優勝しました。レースでは1日合計4時間しか眠らず、さらにその睡眠も15分ごとにアラームをかけて目を覚ましていたそうですね。

 この方法は自分の発案じゃないんよ。他のヨットマンが書いた本から学んだんだ。

>>続きを読む


タグ:戸塚宏
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

子供は、親の自殺を自分のせいだと思い込む [3)ライフ]

子供は、親の自殺を自分のせいだと思い込む

パンデミック時代の健康管理術(第22回):うつ病と自殺
2021.5.19(水)近藤 慎太郎
イラスト:近藤慎太郎

(近藤慎太郎:医師兼マンガ家)

 前回は、10年連続して減少していた自殺者数が増加に転じたことを解説しました。女性や若年層の増加が目立っており、コロナ禍による外出自粛や生活環境の変化、雇用環境の悪化が影響した恐れがあるとみられています。

 確かに世の中には、死にたくなるほど辛いこともあるだろうと思います。八方塞がりになって、やむにやまれず自殺をしたのかもしれません。それを絶対悪だと簡単に決めつけることもできないでしょう。

 しかし、それでもなお、自殺を思いとどまって欲しいと思う2つの理由があります。

 一つ目の理由は、「自殺をする時点で正常な判断ができなくなっている可能性が高いから」です。順を追って説明します。

>>続きを読む

 


タグ:親の自殺
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【地方移住ナビ】広島県竹原市 自然とコンパクトな街魅力 [3)ライフ]

産経ニュース

【地方移住ナビ】広島県竹原市 自然とコンパクトな街魅力

地方移住ナビ 竹原
コンパクトシティにふさわしい竹原市の街並み
 竹原市は瀬戸内海の沿岸部のほぼ中央に位置する人口約2万4千人の小さなまちです。うさぎで有名な大久野島や町並み保存地区など観光資源が豊富で、年間100万人以上の観光客が訪れます。広島駅まで高速バスで約80分、広島空港まで車で約25分と近く、東京へのアクセスも良いです。
 魅力は美しい自然とコンパクトシティ。中心部から少し離れると山と海に囲まれており、瀬戸内の多島美は圧巻です。水上スポーツや釣り、ハイキングなど自然に触れ合え、中心部は飲食店など商業施設が集まっており「意外と便利」という声もよく聞きます。子育て面でも、認定こども園から高等学校まであり、待機児童もいません。
 ここ数年、竹原市の創業・就農支援制度を活用しU・Iターンされる方が増えています。空き家の改修補助制度と空き家バンクを利用する方も増えています。ホームページに移住定住に関する情報やプロモーションムービーを載せていますので、ぜひごらんください。(竹原市企画政策課 山田義海)
 詳細は「竹原市 移住定住」で検索し、ホームページ「愛し、誇らし、たけはら暮らし。」で。問い合わせや移住定住相談は竹原市企画政策課(0846・22・1568)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【原坂一郎の子育て相談】義父の関わり方に悩む [3)ライフ]

【原坂一郎の子育て相談】義父の関わり方に悩む

子育て相談(幼児
Q 1歳半の息子がいます。昨年主人の実家近くに引っ越し、よく行くようになったのですが、義父の息子への関わり方に困っています。会うなり「来たか~」と顔のそばで大きな声を出し、抱っこをすると「おっと」と言いながらすぐに落とすようなまねをしたりします。何をしても荒っぽく、すぐにふざけるので、息子も義父を嫌がり、泣くときもあります。そのつど「大声を出さないで」「やめてください」などとも言い難く、主人に伝えても「すぐ慣れる」と意に介しません。もう少しソフトな対応をしてもらうにはどうすればいいでしょう?
A 以前、ある親子講座で、開始前に控室に来てくれた親子がいました。その中で調子に乗った私は、オオカミの人形を使って子供を驚かすと泣かれてしまいました。謝っても、もう遅く、講座会場では親の陰に隠れ、私は怖がられてしまいました。
>>続きを読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

助言にならない「それじゃ社会に出た時――」の言葉 [3)ライフ]

助言にならない「それじゃ社会に出た時――」の言葉

不登校児や引きこもりの若者に必要なのは肯定してくれる第三者
2021.1.20(水)篠原 信
*写真はイメージ

(篠原 信:農業研究者)

「社会に出たらそんなことじゃやっていけないぞ」

 そんな物言いは、ごく日常的に耳にするし、今更疑問視もしないだろう。だが不登校やひきこもりの当事者には、もしかしたら恫喝にしか聞こえないかもしれない。

社会とは、他人だらけの海

 不登校やひきこもりになっている子ども(あるいは大人)が、重々承知していることがある。順番通りであれば親が先に死に、いつか自分の力で稼ぎ、生きていかなければならないことを。そのためには社会と呼ばれる「第三者の海」に飛び込み、その中で泳ぐ術を身につけねばならないことを。

 しかし、今の子ども達は第三者と関係を結べる場所が、学校に限られている。もし不登校になったら、その子どもは、第三者と関係を結べる場所を失ってしまう。昔はご近所に自営業の人も多かった。子どもは第三者の大人に触れる機会も多く、大人から「ちょっとうちの店を手伝ってくれないか」と声をかけることだってできた。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

じわり沸き立つ銭湯人気! 若い世代が魅力再発見、人とのつながり求め「風呂なし物件」も [3)ライフ]

じわり沸き立つ銭湯人気! 若い世代が魅力再発見、人とのつながり求め「風呂なし物件」も

小杉湯の番台に座る安田明日香さん=東京都杉並区
小杉湯の番台に座る安田明日香さん=東京都杉並区

 銭湯の魅力を若い世代が再発見している。懐かしい雰囲気にひかれるだけでなく、人とのつながりを求めてあえて風呂のない物件を選んだり、PRや担い手不足に悩む銭湯の立て直しに挑んだりする若者も。じわりと人気が沸き立つ兆しだ。

 「知らない街で暮らすのは緊張したけど、銭湯に行けば常連さんや友達に会える」。昨年5月に大阪市平野区から東京都杉並区に転居した安田明日香さん(32)。女優をしながら障害者福祉サービスのNPOで働いていたが、新しいことを始めようと上京した。

 初の1人暮らしで入居したのは6畳一間の風呂なし物件だ。駅近で家賃は共益費・水道費込み月4万4000円。古いが室内は改装済みで明るく、近くに老舗銭湯「小杉湯」があった。「レトロな雰囲気が好み。固定費も抑えられる」と即決。小杉湯のアルバイトにも応募し、仕事も手に入れた。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

感情の抑制ができなくなる「ゲーム障害」の恐怖、2人の患者が赤裸々告白 治療終了に10年超かかるケースも [3)ライフ]

感情の抑制ができなくなる「ゲーム障害」の恐怖、2人の患者が赤裸々告白 治療終了に10年超かかるケースも

生活保護を受給しながら久里浜医療センターに通うゲーム障害の男性=神奈川県横須賀市(共同)
生活保護を受給しながら久里浜医療センターに通うゲーム障害の男性=神奈川県横須賀市(共同)

 「ゲームができないと、感情をコントロールできない自分が怖い」「つらい現実を生きられない」-。ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」と診断された2人が取材に答え、生活が破綻しても抜け出せない苦しさを明かした。専門家は「依存の原因解明は尽くされておらず、治療終了まで10年以上かかるケースもある」と指摘している。

 2018年に神奈川県の久里浜医療センターでゲーム障害と診断された男性(29)は、生活保護を受給しながら通院している。男性にとってゲームは「自分という存在を認めてくれる場」。高校1年から夢中になったのは、ファンタジーの世界で仲間をつくり、他のグループと戦いながら旅を楽しむオンラインゲーム。5日間眠らず続け、300万人中2位にランクインすると、仲間から称賛された。やればやるほど評価される。勉強よりゲームにやりがいを感じた。

 卒業後、塗装工や清掃など職を転々としたが、ゲームに没頭すると遅刻しがちに。親族から機器を取り上げられると怒りを制御できず、職場でもトラブルを起こした。

>>続きを読む


タグ:ゲーム障害
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【原坂一郎の子育て相談】不登校になった息子 [3)ライフ]

【原坂一郎の子育て相談】不登校になった息子



子育て相談(児童

Q 高校2年の息子が1年の3学期ごろから登校拒否に。その後の休校期間もゲームや映画三昧で夜更かしをし、6月の学校再開後も半分以上欠席しました。学校に相談すると、今のままでは卒業は難しいが診断書があれば考慮できるとのこと。思春期外来では、適応障害からの不安障害と言われました。元々口下手で、新しい環境が苦手でしたが、帰宅後は明るく何でも話してくれます。どうやら先生やクラスメートとの人間関係につまずいているようです。映画と英語が好きで英検も取り、外国に憧れもあるようです。少ないながら友人もいますが、月末から始まる2学期はもとより、将来がとても心配です。

A 長い原文には、息子さんの代弁者のごとく、彼の思いや考えがたくさん書かれていました。「平気で人の心を傷つける同級生が許せない」「日本語は裏があり人の本心がわかりにくい」「怒り方がひどい先生がいる」「やる気が起きない」「夢はあり、外国で仕事をしたい」などなど。学校でのことや自分の気持ちをそこまで親に話す男子高校生も珍しく、親子の信頼関係はバッチリのようですね。

>>続きを読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【原坂一郎の子育て相談】孫が園でいじめられている [3)ライフ]

【原坂一郎の子育て相談】孫が園でいじめられている



子育て相談(幼児

Q 4歳になった孫娘のことでご相談します。入園式が6月にあり、やっと通えた幼稚園でしたが、お友達からさっそくいじめられているようで心配しています。かばんを強引に引っ張られたり、嫌がることをされたりするようです。親がそれとなく先生に伝えると「見ておく」と言われましたが、そのままになっています。園バスには毎日喜んで乗り、登園は嫌がってはいない様子。でも孫は気が弱くおとなしい方なので、このまま何もせず新学期を迎えていいのか、祖母として心配でたまりません。

A お孫さんのことを心配されるお気持ち、よ~く分かります。1歳半になる私の孫もこの春から保育園に通い始め、私はどんな園か心配で、妻の反対をよそに入園式についていってしまいました。でも、園の雰囲気も良く、先生方もみんな優しそうで安心し、それ以後は一度も行っていません。

>>続きを読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の30件 | - 3)ライフ ブログトップ