SSブログ
❶国防 ブログトップ

日本に大恥かかせた外務省、危機管理能力が決定的欠如 [❶国防]

日本に大恥かかせた外務省、危機管理能力が決定的欠如

その後の検証で明らかになったアフガンでの致命的ミス
2021.9.24(金)横山 恭三
アフガニスタンの子供たち

 筆者は、直近の記事(「韓国に『恥辱』と呼ばれたアフガン退避作戦が示す課題」2021.9.15=https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66920)で、アフガン退避作戦の概要と課題について述べた。

 筆者が同記事を作成した時点では、政府の実際の行動・判断のタイムラインは不明であった。

 今回、外務省を中心とした政府の当時のタイムラインを知り、筆者は、2つのことに驚いた。

 1つ目は、外務省は、アフガンからの邦人等を退避・救出するのに際し、初めから他国頼りだった。

>>続きを読む


タグ:外務省
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【スクープ最前線】中国介入に警戒 自民党総裁選 高市氏の外交・安保政策に脅威の習政権、工作員による妨害工作の懸念 世論調査トップ・河野氏に日本守れるか [❶国防]

【スクープ最前線】中国介入に警戒 自民党総裁選 高市氏の外交・安保政策に脅威の習政権、工作員による妨害工作の懸念 世論調査トップ・河野氏に日本守れるか

自民党総裁選の党青年局・女性局主催の討論会に臨んだ(右から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏=20日、東京・永田町の党本部
自民党総裁選の党青年局・女性局主催の討論会に臨んだ(右から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏=20日、東京・永田町の党本部

 自民党総裁選(29日投開票)は、河野太郎行革担当相と、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相が大接戦を演じ、野田聖子幹事長代行が追う展開となっている。新型コロナウイルス対応や経済政策、党改革などが争点になっているが、日本を取り巻く国際情勢が日に日に厳しくなるなか、もっと外交・安全保障政策について掘り下げた議論をすべきではないのか。看過できない、中国共産党政権や工作員の動き。ジャーナリストの加賀孝英氏は、日本の平和と安定に直結する中国と米国の最新動向を報告し、総裁選候補の外交・安保感覚を評価した。

 ◇ 

 「中国の習近平政権が『日本の新右翼』『中国に徹底的に逆らう奴』と嫌い、最も恐れているのが『日本版・鉄の女』こと高市氏だ。彼女が自民党新総裁、『日本初の女性首相』になる事態は絶対避けたい。日本国内の工作員が動いている。妨害工作が激化する危険がある」

 外事警察関係者はこう語った。怒りを込めていう。ふざけるな。他国による選挙介入は、断固許してはならない。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

元陸将補が斬る、安全保障から見た自民党総裁選 [❶国防]

元陸将補が斬る、安全保障から見た自民党総裁選

万世一系の天皇でなくなれば、日本の存続はない
2021.9.22(水)森 清勇
日本の次の首相を決める自民党総裁選の行方やいかに(写真は川嶋諭)

 9月29日に行われる自民党の総裁選に4人が立候補した。

 自民党、なかでも当選回数3回以下の議員(以下若手議員と呼称)は、総裁選後に控える総選挙に勝利するため、「自民党的・保守的政策」の候補よりも「選挙の顔」になりうる候補者を選ぶような動きを見せている。

 このため、過去からの人脈や政治理念を共有する派閥に属しながら、若手議員は派閥の縛りをなくするように動き、派閥横断的な「党風一新の会」を急遽結成した。

 政策抜きで自分たちの当選をしやすくするためだけの集まりである。マスコミも発言力のある候補者を最初に話題に乗せ、人気を後押ししている感がある。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【最新国防ファイル】高まる中国の圧力…九州・沖縄エリアへの展開想定か 北部方面隊が「長距離機動訓練」実施 [❶国防]

【最新国防ファイル】高まる中国の圧力…九州・沖縄エリアへの展開想定か 北部方面隊が「長距離機動訓練」実施

夜間、市街地を移動する99式155ミリ自走りゅう弾砲
夜間、市街地を移動する99式155ミリ自走りゅう弾砲

 6日から8日まで、北海道の防衛警備を担当する北部方面隊による「長距離機動訓練」が行われた。毎年実施しており、戦車をはじめとした陸上自衛隊の車両が、陸路や海路を使い、長距離を移動することを目的とした訓練だ。

 まず、釧路駐屯地(釧路町)を6日午後9時ごろ出発し、一般道を走行して釧路港(釧路市)を目指した。今年は3両の90式戦車のほか、99式155ミリ自走りゅう弾砲、89式装甲戦闘車などの装軌車と各種支援車両を含めると約50両もの車両が参加した。

 一度に移動すると交通渋滞を起こしかねないので、いくつかのグループに区切り、時間差で目的地を目指した。自衛隊や自治体が事前に訓練予定を告知したこともあり、沿道には見物人の姿があった。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

米英豪が新たな安保、豪原潜配備へ…どうする日本 非核兵器保有国としては異例 識者「日本国内で議論が尽くされていない」 [❶国防]

米英豪が新たな安保、豪原潜配備へ…どうする日本 非核兵器保有国としては異例 識者「日本国内で議論が尽くされていない」

米ホワイトハウスで話すバイデン大統領。右の画面はジョンソン英首相、左の画面はモリソン豪首相=15日(ゲッティ=共同)
米ホワイトハウスで話すバイデン大統領。右の画面はジョンソン英首相、左の画面はモリソン豪首相=15日(ゲッティ=共同)

 バイデン米大統領、ジョンソン英首相、オーストラリアのモリソン首相が米東部時間15日夕(日本時間16日朝)、インド太平洋地域の平和と安定を維持するための新たな安全保障の枠組みを設置すると発表した。非核兵器保有国としては異例となるオーストラリアの原子力潜水艦配備に向け米英が1年半かけて協力する。海洋進出を強める中国をにらんだ動きとみられるが、日本はどう関与するのか。

 バイデン大統領は15日の演説で、米英豪の安全保障の枠組みは「歴史的な一歩だ」と発言、中国を念頭にインド太平洋地域で「急速に増大する脅威に対し最新の防衛能力を確保するためだ」と強調した。

>>続きを読む


タグ:豪原潜配備
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

北朝鮮の韓国侵攻で「大統領が真っ先に逃亡」を想定せよ [❶国防]

北朝鮮の韓国侵攻で「大統領が真っ先に逃亡」を想定せよ

半島有事で邦人救出失敗、アフガンの二の舞で済まない惨事に
2021.9.17(金)西村 金一
米国ワシントンDCにある朝鮮戦争戦没者慰霊碑

 前回の「アフガンのガニ大統領はなぜ真っ先に逃げたのか」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66898)に続き、韓国・日本について掘り下げて考察する。

ガニ大統領の心理状態と命を懸ける魂

 アフガニスタンのガニ大統領は、タリバンの攻撃と報復を恐れて、国民を見捨てて真っ先に逃亡した。大統領の心理はどのようなものだったのだろうか。

 戦史では、防御をしていて、逃げ道を塞がれそうになると、兵士が恐怖を感じ慌てふためいて逃げ出すという例が多い。

 この心理を悪用するのが、迂回や包囲作戦だ。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【安全保障最前線】国家建設も国防、日本も自助努力で国力改善を 総裁選で対中抑止策を語れ [❶国防]

【安全保障最前線】国家建設も国防も外国依存は亡国の道、日本も自助努力で国力改善を 総裁選で対中抑止策を語れ

共同訓練する米空母「ロナルド・レーガン」(左端)と、同「ニミッツ」(その右上)、同「セオドア・ルーズベルト」(手前右)、海自護衛艦「いせ」(中央)など(海上自衛隊提供)
共同訓練する米空母「ロナルド・レーガン」(左端)と、同「ニミッツ」(その右上)、同「セオドア・ルーズベルト」(手前右)、海自護衛艦「いせ」(中央)など(海上自衛隊提供)

 自民党総裁選が盛り上がるなか、総裁候補にはぜひ、「日本の安全保障政策」を熱く語ってほしい。今回の集中連載は、わが日本が直面している厳しい現状を深掘りしたい。

 ジョー・バイデン米大統領の対外政策の特徴は、米国の「グローバル・リーダーシップ(世界の警察官)」を強調するのではなく、国際協調主義にのっとり、関係各国の「自助」を促すことにある。米国のみによる関与を避け、関係国に任せる傾向が随所にみられる。

 また、米国の対テロ戦争20年間の重要な教訓の1つは、「米国が他国を米国流の民主主義国家にしようとしても、それは不可能であり、その国の国民の反発を買うだけだという事実」だ。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自民総裁選けん制、中露が介入 「政治空白」狙い…中国、潜水艦とミサイル駆逐艦航行 ロシア、航空機が日本領空侵犯 岸防衛相「警戒監視に万全を」 2021.9.13 [❶国防]

自民総裁選けん制、中露が介入 「政治空白」狙い…中国、潜水艦とミサイル駆逐艦航行 ロシア、航空機が日本領空侵犯 岸防衛相「警戒監視に万全を」

中国海軍のルーヤンIII級ミサイル駆逐艦(防衛省統合幕僚監部提供)
中国海軍のルーヤンIII級ミサイル駆逐艦(防衛省統合幕僚監部提供)

 自民党総裁選(17日告示、29日投開票)の号砲が迫るなか、中国やロシア、北朝鮮が軍事的挑発を仕掛けてきた。中国は、沖縄県・尖閣諸島周辺に武装船を連日侵入させているうえ、鹿児島県・奄美大島周辺で潜水艦とミサイル駆逐艦の航行が確認された。ロシアの航空機は北海道知床岬付近の日本領空を侵犯した。北朝鮮は、新型長距離巡航ミサイルの発射実験成功を報じた。総裁選から衆院選まで、約2カ月の「政治空白」が続くため、日本の防衛体制の変化を確認した可能性がある。総裁候補には「国民と国家を守り抜く」戦略と覚悟が求められる。

 「情報収集、警戒監視に万全を期すこと」

 岸信夫防衛相は12日、こう自衛隊に指示した。ベトナム訪問中のはずだが、自身ツイッターで「潜没潜水艦及び中国海軍艦艇の動向について」という防衛省の文書まで公開し、挑発に屈しない姿勢を示した。

>>続きを読む


タグ:国防
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

30年ぶり“全部隊”陸自が大演習 中国牽制、15日から各地で 潮匡人氏「中国軍も活発化、偶然ではない」 [❶国防]

30年ぶり“全部隊”陸自が大演習 中国牽制、15日から各地で 潮匡人氏「中国軍も活発化、偶然ではない」

離島防衛訓練を行う陸自隊員=30日(防衛省提供)
離島防衛訓練を行う陸自隊員=30日(防衛省提供)

 中国の軍事的覇権拡大が進むなか、陸上自衛隊は9日、全国すべての部隊を参加対象とする「陸上自衛隊演習」を15日から11月下旬にかけて各地で展開すると発表した。1993年以来の全部隊参加となる大規模演習は、沖縄県・尖閣諸島を含む南西諸島での有事を念頭にしている。沖縄周辺などで中国軍の動きが活発化しており、日本の領土・領海・領空を死守する構えが不可欠だ。

 陸自によると、作戦の準備段階を重視し、部隊出動前の食料などの用意や隊員・装備品の輸送、医療、通信などを訓練項目とする。海上自衛隊と在日米軍の艦艇、航空自衛隊と在日米軍の艦艇、航空自衛隊も参加し、輸送を支援。民間のトラックやフェリー、鉄道も活用する。

 日本政界の混乱に乗じたのか、中国軍は最近、激しく動いている。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】カブール陥落時、岡田大使不在は“不運”ですむか 任務は在留邦人の保護、想起すべき過去に同種の“脱出劇” [❶国防]

【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】カブール陥落時、岡田大使不在は“不運”ですむか 任務は在留邦人の保護、想起すべき過去に同種の“脱出劇”

カブールの空港に押し寄せた人々=8月16日(ゲッティ=共同)
カブールの空港に押し寄せた人々=8月16日(ゲッティ=共同)

 先週、主要国大使経験者と長時間、話す機会があった。むろん、テーマは8月15日のアフガニスタンの首都カブール陥落に伴う在留邦人の「退避問題」である。

 在アフガン日本大使館員12人は17日、英軍輸送機によってドバイ(アラブ首長国連邦)経由でトルコのイスタンブールに脱出した。

 そして、航空自衛隊の輸送機C130で、隣国パキスタンの首都イスラマバードに共同通信現地通信員の日本人女性1人と、米大使館・機関の現地スタッフ14人の計15人が退避できた(米側の要請)。

>>続きを読む


タグ:外務省
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ニュースの核心】現実離れしていた日本のアフガン撤退作戦 現状認識が甘すぎ、米国でさえ元特殊部隊員の連携なければ救い出せない厳しい事態 [❶国防]

【ニュースの核心】現実離れしていた日本のアフガン撤退作戦 現状認識が甘すぎ、米国でさえ元特殊部隊員の連携なければ救い出せない厳しい事態

アフガンの隣国、パキスタンの国際空港に到着した航空自衛隊のC130輸送機(共同)
アフガンの隣国、パキスタンの国際空港に到着した航空自衛隊のC130輸送機(共同)

 イスラム原理主義勢力「タリバン」が支配権を握ったアフガニスタンからの「邦人脱出作戦」をめぐって、議論が起きている。「作戦実施のタイミングが遅すぎた」とか、「法律的に無理はなかったのか」といった指摘だ。

 私は、その前に「救出作戦の前提自体が現実離れしていたのではないか」と思う。現状認識が甘すぎたのだ。

 防衛省が自衛隊機派遣を決めたのは、8月22日。翌日には、自衛隊の輸送機が隊員約300人を乗せて、現地に飛び立った。輸送機は25日にカブール空港に到着したが、この時点で大使館の現地職員らが自力で空港に到着するのは、極めて困難になっていた。タリバンが空港周辺で厳しい検問を実施していたからだ。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本の解き方】ある意味“超法規的措置”アフガンへの自衛隊派遣と新型コロナ対応で露呈した日本の法整備の限界 有事対応は“憲法改正”が必要だ [❶国防]

【日本の解き方】ある意味“超法規的措置”アフガンへの自衛隊派遣と新型コロナ対応で露呈した日本の法整備の限界 有事対応は“憲法改正”が必要だ

アフガニスタンで邦人を移送させる準備のためC-2輸送機に乗り込む自衛隊員ら=24日午前0時38分、鳥取県境港市の航空自衛隊美保基地(彦野公太朗撮影)
アフガニスタンで邦人を移送させる準備のためC-2輸送機に乗り込む自衛隊員ら=24日午前0時38分、鳥取県境港市の航空自衛隊美保基地(彦野公太朗撮影)

 新型コロナウイルス対策としての罰則を伴う行動制限や、アフガニスタンでの自衛隊の活動など、国の法整備に関する問題が相次いで浮上している。

 前者の行動制限について簡単に言えば、一般人への罰則を伴う行動制限は、憲法上で規定されている移動の自由との兼ね合いで、公共の福祉で読み込むのは無理があり、憲法上に非常事態条項のような、非常時には私権制限できるとの規定が必要というものだ。

 しばしば憲法を改正したくない人々は、公共の福祉で対応できるため改正不要だというが、その立場では、民主党政権時代に制定されたインフルエンザ特措法程度の私権制限しかできない。今の新型コロナ対策は、基本的にはそのインフルエンザ特措法の改正法に基づくので、私権制限は他の先進国と比べて極めて不十分だ。

>>続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

与那国・台湾間に中国軍艦艇 昨年末以降24時間展開 [❶国防]

与那国・台湾間に中国軍艦艇 昨年末以降24時間展開

与那国台湾間でプレゼンス強化中国軍
与那国台湾間でプレゼンス強化中国軍

 日本最西端の沖縄県・与那国島と台湾の間の海域で、中国軍艦艇1隻が24時間態勢で常時展開していることが30日、分かった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)北方の北緯27度線付近にも中国軍艦艇2隻が張り付いており、日本周辺で常時展開する中国軍艦艇1隻が新たに加わった形だ。日本政府高官、台湾軍関係者らが明らかにした。政府は新たな常時展開を軍事的緊張を高める行動と位置づけ、中国側の意図を分析している。

 関係者によると、中国軍艦艇は与那国島の北北西に展開しており、少なくとも昨年末ごろには確認されている。主に中国軍東海艦隊(司令部・浙江省寧波市)に所属する艦艇が定期的に入れ替わり、24時間態勢で航行しているという。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

中国公船4隻が領海一時侵入 尖閣周辺、3日連続 [❶国防]

中国公船4隻が領海一時侵入 尖閣周辺、3日連続

 第11管区海上保安本部(那覇)は30日、中国海警局の船4隻が同日午前2時40分ごろから、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に相次いで侵入したと発表した。領海内では日本漁船5隻が航行。中国船4隻は同日午後0時20分ごろから、漁船の動きに合わせるように領海外側の接続水域に出た。尖閣周辺での領海侵入は3日連続で、今年34日目。

 11管によると、中国船4隻のうち1隻は機関砲のようなものを搭載。海上保安庁の巡視船が中国船に領海から出るよう警告した。接続水域でも中国当局の別の3隻が航行し、いずれも機関砲のようなものを搭載していた。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは22日連続となった。

 


タグ:尖閣
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

アフガン撤収で思い知らされる日本の平和ボケ [❶国防]

アフガン撤収で思い知らされる日本の平和ボケ

邦人もアフガン人協力者も救出できない欠陥の憲法体制
2021.8.31(火)森 清勇
アフガニスタンからの邦人救出もコロナ禍への対策も「国家の非常時」を想定しない憲法体制の欠陥の露呈である

 断腸の思いでキーを叩きながら文字をひねり出している。各種報道によると、混乱のアフガニスタンからの移送対象は国際機関で働く日本人、大使館や国際協力機構(JICA)の現地スタッフとその家族などで約500人とみられた。

 しかし、待機した自衛隊機が1人の邦人を乗せてカブール空港を飛び立ったというテロップが8月26日夜10時頃、パラリンピックを観戦していたテレビ画面に流れた。

 その約1時間後にいまイスラマバード(パキスタン)の空港に自衛隊機が降り立ったとのテロップが流れた。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

石垣市の尖閣標柱に日本政府「弱腰」 上陸申請めぐり“中国に屈した発言”も 石平氏「中国の反応など考慮する必要はない」 [❶国防]

石垣市の尖閣標柱に日本政府「弱腰」 上陸申請めぐり“中国に屈した発言”も 石平氏「中国の反応など考慮する必要はない」

沖縄県石垣市は、尖閣諸島の行政標柱を完成させた(同市提供)が、政府は原則上陸を認めない
沖縄県石垣市は、尖閣諸島の行政標柱を完成させた(同市提供)が、政府は原則上陸を認めない

 中国当局が東シナ海での休漁期間を解禁して以降、沖縄県・尖閣諸島周辺には連日、数十隻もの中国漁船が大挙して押し寄せている。日本の領土・領海を守り、先祖から受け継いだ海洋資源を守るためにも、尖閣諸島を行政区域とする石垣市は近く、「行政標柱設置のための上陸申請」を行う方針だが、日本政府は「及び腰」「弱腰」だという。これで、国民の生命や財産を守り抜けるのか。菅義偉政権の胆力が試される展開となっている。

 ◇

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、尖閣周辺の接続水域外側で25日、約60隻の中国漁船が操業しているのが確認された。中国当局が漁を解禁した16日以降、漁船を確認しない日はなく、19日には最多の約100隻が押し寄せた。

 海上保安庁の担当者は「接続水域や領海に接近する様子があれば、警告するとともに、違法操業があれば退去させる」と説明した。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

★アフガンでの現地邦人退避に政府専用機も派遣へ いち早く国外退避…日本大使館員の姿勢を疑問視する声も [❶国防]

アフガンでの現地邦人退避に政府専用機も派遣へ いち早く国外退避…日本大使館員の姿勢を疑問視する声も

邦人退避支援で派遣されることになった政府専用機
邦人退避支援で派遣されることになった政府専用機

 イスラム原理主義勢力「タリバン」が政権を掌握したアフガニスタンに残る邦人らを国外退避させるため、日本政府は25日にも政府専用機1機を周辺国に派遣する。航空自衛隊のC2輸送機1機は24日夜、アフガン隣国パキスタンの首都イスラマバードの空港に到着した。現在はアフガンに戻っているというが、いち早く国外退避した在アフガン日本大使館員の姿勢を疑問視する声もある。

 「G7(先進7カ国)をはじめとする関係国と連携し、邦人の安全な確保を最優先に、現在しっかり対応する」

 菅義偉首相は24日夜にオンラインで行われたG7首脳会議後、記者団にこう語った。

>>続きを読む

?

[>]国民は二の次の外務省・・・

 国防を忘れ国を守る気概も知恵もなくした戦後

 これでは国は護れず国民も守れず


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

★石垣市が尖閣諸島の標柱作製、国に上陸申請へ 日本固有の領土を明確にする狙いも [❶国防]

石垣市が尖閣諸島の標柱作製、国に上陸申請へ 日本固有の領土を明確にする狙いも

除幕式を行う中山市長(右)=23日(石垣市提供)
除幕式を行う中山市長(右)=23日(石垣市提供)

 沖縄県・尖閣諸島が日本固有の領土であることを広く示そうと、同県石垣市が島名などを刻んだ標柱を製作し、23日公開した。今後は魚釣島など尖閣5島に設置する方針で、国に対し上陸申請を行うことにしている。

 「尖閣周辺に中国公船が連日出没し、大変厳しい状況が続いている。尖閣について国民に広く正しく知ってもらうことが大切だ」

 中山義隆市長は23日の記者会見でこう語った。

 標柱は高さ108センチ、幅30センチ。石垣島産の御影石でつくられ、表面に「八重山尖閣諸島 魚釣島」などの島名が、裏面に「沖縄県石垣市字登野城尖閣二三九二番地」などの住所地名(字名)が刻まれている。

 尖閣諸島を行政区域とする石垣市では昨年10月、字名を「石垣市字登野城」から「石垣市字登野城尖閣」に変更した。標柱製作は行政手続きの一環で、合わせて日本領土であることを明確にする狙いもある。

?

[>]之が腰抜け、親中派菅政権・・・

 国防を忘れ国を守る気概も知恵もなくしたお歴々

尖閣諸島に上陸認めず 加藤官房長官

?


タグ:尖閣諸島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本の選択】令和の時代にも必要な「痩せ我慢」 アフガン政権崩壊にみる「自国を守る」という覚悟 [❶国防]

【日本の選択】令和の時代にも必要な「痩せ我慢」 アフガン政権崩壊にみる「自国を守る」という覚悟

カブール市内を自動小銃を持ってパトロールするタリバンの戦闘員(AP)
カブール市内を自動小銃を持ってパトロールするタリバンの戦闘員(AP)

 明治の啓蒙思想家・福澤諭吉が「独立自尊」の重要性を説いたことは周知の事実だ。だが、国家の独立の根本に必要なのが「痩せ我慢」だと指摘したことは意外に知られていない

 独立の精神が「痩せ我慢」を必要とするのは、なぜか。

 世界には大国と小国とが存在する。逆立ちしても大国に勝つことがかなわぬ程度の小国も独立国として存在する。少国民の立場からすれば、大国に合併され、大国の一員として生きる方が気楽なはずだ。

>>続きを読む


タグ:日本の選択
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

[新月]尖閣でいま、何が起きているのか [❶国防]

 新型コロナウイルスによるパンデミック(感染爆発)の発生から1年半が経過した。いまだ収束の兆しが見えないどころか、感染拡大が続いているが、この間、私たちが目の当たりにしてきたのは、“危機に弱い政府”という致命的な現実だった。そう遠くない将来、高い確率で発生することが想定されていたにも関わらず、政治は現実を直視してこなかった。その代償が、優先順位の不明確な対応であり、8月20日の時点で1万5500人を超すコロナによる死者数と言っていい。

 いまの日本にとって、パンデミックを収束させることが喫緊の課題であることはもちろんだが、私たちが直面している危機は、それだけではない。東京から南西約1800キロ・メートルの東シナ海に浮かぶ沖縄県石垣市の尖閣諸島では、いま何が起き、どのような事態が繰り返されているのか――。

(ロイター/アフロ)

 新聞各紙は7月13日、中国海警局の武装船による尖閣諸島の領海への侵入が、過去2番目に長い47時間にも及び、領海の外周である接続水域内での連続航行が150日を超えたことを伝えている。

 それに対し、加藤勝信官房長官は「極めて深刻な事態。警備に万全を期している」と発言。さらに同日、2021年版の『防衛白書』が公表され、尖閣諸島周辺で繰り返される中国の活動を、国際法で認められている無害通航には当たらないとして、初めて「国際法違反」と明記したことが強調された。

>>続きを読む

【記者会見】尖閣諸島が危ない!中国の実効支配が進む中-尖閣海域で捕れた魚と現地最新映像のお披露目-[R3/4/4]

【尖閣漁業活動】6.26 石垣海上保安部前抗議行動[桜R3/6/26]

【尖閣最新特番】ここまで来た中国の尖閣支配の実態[R3/6/28]

【尖閣くにもり特番】最新映像で見る海上保安庁の尖閣中国支配の実態[桜R3/6/29]

 

【沖縄の声】尖閣はもうすでに・・・領土・領海を守らない日本、それでも国民はあきらめない!/全ての政治家は尖閣防衛を考えて/片山さつき参議院議員の問題発言[桜R3/7/1]

 


タグ:尖閣
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

★【日本の解き方】日本の戦争リスクを減らすには? 米国など同盟国と関係強化、周辺国に比べ防衛力を高める [❶国防]

【日本の解き方】日本の戦争リスクを減らすには? 米国など同盟国と関係強化、周辺国に比べ防衛力を高める

 8月15日は「終戦の日」だ。日本人ならこれに疑問をはさむ者はいないだろう。しかし、世界ではそうではない。

 筆者には苦い経験がある。米国に国際関係論を学ぶために留学した当時、第二次世界大戦がいつ終わったかが議論になった。

 当然ながら、筆者は「8月15日」と言った。その理由は、天皇の玉音放送で、14日のポツダム宣言受諾と日本の降伏が国民に公表されたことだ。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

【日本の解き方】竹島を不法占拠する韓国と尖閣諸島の奪取を狙う中国、領土は自国で守るしかない [❶国防]

【日本の解き方】竹島を不法占拠する韓国と尖閣諸島の奪取を狙う中国、領土は自国で守るしかない

  ロシアのミシュスチン首相が北方領土の択捉島を訪れた。島根県の竹島は韓国が自国の領土だと主張するほか、沖縄県の尖閣諸島では中国船が近海に入ることを繰り返している。日本が領土を守るためになすべきことは何か。

 まず、日本が不法に占拠されている北方領土と竹島について経緯を見てみよう。

 北方領土は第二次大戦末期の1945年8月9日、ソ連が、当時まだ有効であった日ソ中立条約に違反して対日参戦し、日本がポツダム宣言を受諾した後の同年8月28日から9月5日までの間に北方四島の全てを占領した。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【最新国防ファイル】海自最大の護衛艦「いずも」 中国の脅威に備え「空母化」1回目の改修が終了 [❶国防]


【最新国防ファイル】海自最大の護衛艦「いずも」 中国の脅威に備え「空母化」1回目の改修が終了

横須賀基地に戻ってきた護衛艦「いずも」
横須賀基地に戻ってきた護衛艦「いずも」

 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」は、改修・点検作業を行うため、約1年にもわたり、ジャパンマリンユナイテッド株式会社横浜事業所磯子工場(横浜市磯子区)のドックに入っていた。目的は「空母化」を目指すこと。大規模な工事を伴うことから、2回に分けて実施することになった。

 1回目の改修工事を無事終え、6月25日に母港である横須賀基地(神奈川県横須賀市)に戻ってきた。船体を大きく変えるような変化は見られなかった。だが、飛行甲板に注目すると、艦首から艦尾まで黄色い線が1本引かれた。これは滑走路の標示線と呼ばれるもので、F-35Bのパイロットが、機体中央をこの線に合わせて発艦するための目印だ。

>>続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

岸防衛相、中国の国防費「透明性欠く」 核・ミサイル分野など急速な増強指摘 [❶国防]


岸防衛相、中国の国防費「透明性欠く」 核・ミサイル分野など急速な増強指摘

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

 岸信夫防衛相がまた、中国に毅然とした姿勢を示した。欧州シンクタンクのインタビューに23日、オンライン形式で応じ、中国の国防費について「透明性を欠いたまま増加させている」と述べた。核・ミサイル分野や海上、航空戦力を急速に増強していると指摘。「局地的な問題ではなく、世界の問題として対応することが必要だ」と訴えた。

 岸氏は、沖縄県・尖閣諸島周辺で、中国海警局の船舶が領海侵入を繰り返していることを断じて容認できないと重ねて強調、海警局に武器使用を認めた海警法に懸念を示した。

 欧州各国が批判するウクライナ南部クリミア半島のロシア編入にも触れ、「力による一方的な現状変更に対し、価値観を共有する国が一致して対応することが重要だ」とした


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
❶国防 ブログトップ