SSブログ
1>スパイ・テロ ブログトップ
前の30件 | -

サイバー攻撃全盛時代にロシア人スパイが“人から情報入手 「金銭的な負い目を作り…ゆるいお願いから徐々に要求を深めていく」する理由” [1>スパイ・テロ]

サイバー攻撃全盛時代にロシア人スパイが“人から情報入手する理由” 「金銭的な負い目を作り…ゆるいお願いから徐々に要求を深めていく」

プーチン大統領(共同)
プーチン大統領(共同)

 在日ロシア通商代表部の職員に渡す目的を隠し、不正に軍事技術関連の文献を入手したとして、電子計算機使用詐欺の疑いで元調査会社経営、宮坂和雄容疑者(70)が神奈川県警に逮捕された。サイバー攻撃など情報戦の技術も進歩する中、人間同士の接触はいまも有効なスパイ活動の手段だという。日本社会に巣くう「ロシアスパイ」の巧妙な手口とは-。

 宮坂和雄容疑者は「約30年間で約15人のロシア政府関係者と接点があった」と供述。通商代表部や在日ロシア大使館関係者も含まれるという。逮捕容疑となった文献8点の入手を依頼したとされる通商代表部の40代男性職員は情報機関所属とみられる。

 県警は在日ロシア大使館に出頭を要請したが応じていない。ロシア通信によると、在日ロシア大使館は11日、「本件に関して調査中で、その結果に基づき対応する」とコメントした。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

[新月]中国にある日本の在外公館現地採用職員問題 山尾志桜里氏「秘密保持義務は?」 外務省「秘密保全に万全を期している。これ以上のお答えは差し控えたい」 [1>スパイ・テロ]

中国にある日本の在外公館現地採用職員問題 山尾志桜里氏「秘密保持義務は?」 外務省「秘密保全に万全を期している。これ以上のお答えは差し控えたい」

中国の在外公館問題について追及を続ける山尾氏
中国の在外公館問題について追及を続ける山尾氏

 国民民主党の山尾志桜里衆院議員が、中国にある日本の在外公館における現地採用職員問題を徹底追及している。先月17日の同院外務委員会で「中国共産党員はいるのか」と質問したのに続き、2日の同委員会では「秘密保持義務の有無」について問いただした。いずれも、外務省は明確な回答をしなかった。中国は国家情報法に基づき、中国国民に政府の諜報活動への協力を義務付けている。わが国の情報防護は大丈夫なのか。

 山尾氏はまず、2日の質疑で、現地採用の中国人職員が、中国外交部傘下の国営企業「北京外交人員人事服務公司」に登録する必要があり、282人の現地採用のうち、110人が査証(ビザ)発給業務に関わっていることを、外務省側から引き出した。

>>続きを読む

?

[>]やはり外務省は怪しい・・

 今だ東京裁判史観を継承する反日外務省

 之で国益外交が出来る筈もなし

 どころか、利敵工作の疑念さえも・・・

 戦後75年、今や日本は工作員列島化の悲惨

 それは、国防妨害国会、利敵報道、反日活動団体多数、

 今だスパイ防止法さえなきがそれを物語る

?

タグ:外務省
nice!(2)  コメント(0) 

LINEの個人情報が中国に…委託先の技術者が閲覧可能 [1>スパイ・テロ]

産経ニュース

LINEの個人情報が中国に…委託先の技術者が閲覧可能

【ウェブ】 ヤフーとLINEのロゴ
LINEのロゴ
 LINE(ライン)の利用者の個人情報が、中国の関連会社の技術者から閲覧可能な状態になっていたことが17日、分かった。データの取り扱い方法に関する指針では海外からのアクセスについて十分に説明していなかった。LINEは対応に問題があったとして政府の個人情報保護委員会に報告。近く第三者委員会を立ち上げ、調査する。
 LINEによると、閲覧可能な状況は現在は解消されている。閲覧できた情報に会話内容が含まれていたかどうか、同社は明らかにしていない。
 LINEの無料通信アプリは国内で8600万人以上が利用し、幅広い世代で手軽な連絡手段として普及している。
 

タグ:LINE
nice!(0)  コメント(0) 

日本にも浸透する中国「ハニー・トラップ」 米民主党議員が女スパイに籠絡報道、一刻も早くスパイ防止法を [1>スパイ・テロ]

日本にも浸透する中国「ハニー・トラップ」 米民主党議員が女スパイに籠絡報道、一刻も早くスパイ防止法を

日本の国会には中国スパイの手が及んでいないのか…
日本の国会には中国スパイの手が及んでいないのか…

 今年の米大統領選の民主党指名争いにも出馬した、民主党のエリック・スウォルウェル下院議員が、中国人の女性スパイに籠絡されて情報収集に協力していたと一部メディアが報じ、大騒動になっている。スウォルウェル氏は米政府の機密情報に触れる機会の多い下院情報特別委員会に所属していた。こうした「ハニー・トラップ」は決して対岸の火事ではない。事情を知る識者は「スパイ防止法のない日本は、米国よりもスパイ天国だ」と警鐘を鳴らしている。

 米ネットメディア「アクシオス」が、米情報当局者の話として伝えたところによると、問題のスパイはクリスティーン・ファン(別名ファンファン)と名乗る20~30代の中国人女性で、留学生としてサンフランシスコ近郊にあるカリフォルニア州立大学イーストベイ校に通っていた。

 女性の正体は、中国の情報機関、国家安全部の工作員で、2011~15年に米西海岸を中心に米国各地で政治家や地方都市の首長らと交流を深め、親中世論をつくるための工作や情報収集を行っていたとされる。中西部の市長の中には性的関係を結んだ者もいたとされ、情報はサンフランシスコの中国領事館の工作責任者に報告していたという。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

中国共産党員、上海の欧米公館、企業に勤務の実態 豪紙報道 日本は大丈夫か!? 「誰でもスパイである可能性」 [1>スパイ・テロ]

中国共産党員、上海の欧米公館、企業に勤務の実態 豪紙報道 日本は大丈夫か!? 「誰でもスパイである可能性」

上海での共産党員の実態が報じられた
上海での共産党員の実態が報じられた

 14日付のオーストラリアン紙は、入手した中国共産党員のデータをもとに調査した結果、多数の党員が上海にある欧米各国の領事館や海外企業に勤務している実態が分かった、と伝えた。「職位が低い職員も安全保障上のリスクとなり得る」と警鐘を鳴らす専門家の声も報じているが日本は大丈夫なのか。

 同紙によると、流出した195万人の党員データには党内での地位、生年月日などが記録されていた。同紙が調査した結果、上海にあるオーストラリアや米国、英国、ドイツなど少なくとも10の領事館など外国公館が、上級専門職や秘書、経済政策顧問などとして共産党員を雇用しているか、過去に雇用していたことが分かった。同紙は豪州情報当局者の話として「外国公館で働く共産党員は、誰でもスパイである可能性がある。暗号通信にアクセスできてしまう恐れもある」とした。

 拓殖大海外事情研究所所長の川上高司氏は「世界中が周知している事柄であり、驚くべきニュースではない。この時期にニュースになるのは、バイデン次期米大統領が親中であることへの危機感や思惑があるのではないか」と分析する。

 川上氏はまた、日本にも当然、党員のスパイが潜伏しているだろうが、日本は中国との関係が深くなり過ぎて、スパイを阻止するための政治判断もできていないのが現状だ」と指摘した。


タグ:スパイ
nice!(0)  コメント(0) 

警察庁にサイバー攻撃 [1>スパイ・テロ]

警察庁にサイバー攻撃


nice!(0)  コメント(0) 

国内の大手企業・自治体の約4割にサイバー被害 平均1億円超の被害額、身代金型手口増 [1>スパイ・テロ]

国内の大手企業・自治体の約4割にサイバー被害 平均1億円超の被害額、身代金型手口増

 国内の大手企業や自治体などの約4割でサイバー攻撃などによるシステム上の被害が発生し、被害額が平均で1億4000万円に上ったことが12日までに、トレンドマイクロの調査で分かった。盗んだ情報を暗号化して身代金を要求する手口が増

えており、同社は注意を呼び掛けている。

 調査は企業や官公庁・自治体のシステム担当者1086人に対して実施した。2019年4月~20年3月にシステムに関するセキュリティー上の問題がどのくらい起きたかを尋ねた。

 全体の約8割が、内部情報を盗み取ろうとする偽メールの受信や社員による不正サイトへのアクセスなど脅威を感じる事例があったと回答。うち半数で金銭的な被害が発生した。職員による内部不正もあった。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

尖閣 日本漁船の出漁情報、中国に漏洩か [1>スパイ・テロ]


尖閣 日本漁船の出漁情報、中国に漏洩か

尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)
尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内で中国海警局の船が日本漁船への接近を繰り返している問題で、中国側が、日本漁船の出漁予定を把握した上で活動しているとみられることが7日、政府関係者への取材で分かった。中国側は、日本漁船が予定を変更して出漁を見送った際も、当初予定に合わせて公船を現場海域に向かわせていた。日本政府は出漁情報が中国側に漏洩(ろうえい)しているとの見方を強めている。

 尖閣周辺で操業する日本漁船の状況は、地元漁業関係者らのほか、漁船を保護する立場の海上保安庁などが把握。尖閣の領有権を主張する中国は、領海内で操業する日本漁船を取り締まる動きを見せ、管轄権を行使していると強調する狙いがあるとみられる。

>>続きを読む


タグ:スパイ
nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | - 1>スパイ・テロ ブログトップ