SSブログ

★中国・強襲揚陸艦の配備で「台湾有事」現実味 大型駆逐艦、原子力潜水艦の新造艦も 潮氏「日本も防衛策を議論すべきだ」 [❶中国]

中国・強襲揚陸艦の配備で「台湾有事」現実味 大型駆逐艦、原子力潜水艦の新造艦も 潮氏「日本も防衛策を議論すべきだ」

中国海軍に新型艦船を引き渡す式典に臨む習近平国家主席(中央)(新華社=共同)
中国海軍に新型艦船を引き渡す式典に臨む習近平国家主席(中央)(新華社=共同)

 中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は25日付で、中国初となる強襲揚陸艦など3隻の就役式が23日、習近平国家主席が出席して南部・海南省三亜(海南島)の軍港で行われたと報じた。台湾上陸や南シナ海での衝突を見据えたものとみられるが、沖縄県・尖閣諸島周辺海域に、中国海警局船が連日侵入している日本も厳重警戒すべきだ。

 強襲揚陸艦は、ヘリコプターや舟艇を用いて、強襲上陸作戦を行う艦のことで、中国艦は「海南」と命名された。

 2019年9月に進水し、20年8月に初の試験航海を行っていた。排水量は、約4万トンの米軍ワスプ級に匹敵するといい、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の基準排水量(1万9500トン)を大きく上回るとみられる。

>>続きを読む


タグ:台湾有事
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0