SSブログ

中国、新型コロナめぐり“隠蔽疑惑”続々! 「スパイ罪」適用脅し初動対応医師の口封じか 石平氏「国民の命を犠牲にしてでも完全に隠し通す」 [❶中国]

中国、新型コロナめぐり“隠蔽疑惑”続々! 「スパイ罪」適用脅し初動対応医師の口封じか 石平氏「国民の命を犠牲にしてでも完全に隠し通す」

中国・武漢の病院で患者の対応に当たる医療従事者ら=2月(一部画像処理しています、共同)
中国・武漢の病院で患者の対応に当たる医療従事者ら=2月(一部画像処理しています、共同)

 新型コロナウイルスをめぐり、中国による隠蔽が止まらない。初動対応に当たった医師たちに、情報を漏らせばスパイ罪を適用すると脅しをかけ、疑惑を闇に葬ろうとしていたことが判明。さらに米CNNは、中国当局がウイルスが確認された初期段階に感染者数などを実際より少なく発表していたことが中国側の内部文書で分かったと報じた。

 ウイルスをめぐっては、世界保健機関(WHO)で危機対応を統括するマイク・ライアン氏が11月27日、発生源が中国以外であることは考えにくいとの見解を示した。

 WHOは発生源の特定に向けた調査を進めるとしているが、5月に発表された現地への調査チーム派遣は今も実現していない。ロイター通信は、WHOの動物疫学専門家、ピーター・ベン・エンバレク氏が、発生源とされる湖北省武漢市について、「重要な情報」を持っている可能性があると表明していると伝えたが、中国は協力の気配すら見せていない。

>>続きを読む


タグ:武漢コロナ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0