SSブログ

ドラマ「おしん」が世界を魅了、そのわけは 文化や言葉にも影響 [◉世界のニュース]

ワイイー・イップ、BBCニュース

小さな日本人の女の子が吹雪の中、重い足取りで歩いていく……1980年代のテレビドラマのこのシーンは、世界中で多くの人が覚えているはずだ。

「おしん」は日本だけでなく、世界60カ国でヒットした。韓国ドラマや、アジア人俳優が多数出演した映画「クレイジー・リッチ!」が流行する時代よりもかなり前のことだ。アジア発の世界的ヒットは当時珍しく、前例がなかった。やがて「おしん」にちなんだ名前が、その国の言葉の一部になるほど浸透した国もある。

20世紀初頭の日本の貧しい田舎で育つおしんを、多くの人が愛した。おしんはさまざまな悲劇に見舞われながらも生き延び、スーパーマーケット・チェーンの経営者として成功する。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

夏の“電力危機”ワクチン大丈夫か? 超低温冷凍が必要、集中治療室にも支障の恐れ 「送電線1つ切れれば大停電リスクも」 [★>武漢コロナ(国内)]

夏の“電力危機”ワクチン大丈夫か? 超低温冷凍が必要、集中治療室にも支障の恐れ 「送電線1つ切れれば大停電リスクも」

ファイザー製ワクチンは超低温冷凍庫に保管されている
ファイザー製ワクチンは超低温冷凍庫に保管されている

 コロナ禍が2年目を迎える中、経済産業省がこの夏と冬の電力需給が切迫するとの見通しを明かした。専門家は大停電発生のリスクにも言及、万が一「ブラックアウト」が生じた場合、超低温冷凍が必要な新型コロナワクチンの接種や、重症者らが入院する集中治療室(ICU)に支障が出る恐れもある。

 電力供給の余裕を示す予備率は、7~8月の夏のピーク時に、北海道電力や中部電力管内を除く各地域で3・7~3・8%と予想されている。予備率は最低3%必要とされ、ギリギリの水準だ。

 来年1~2月の冬には、関西電力や中部電力管内などでも

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【聖徳太子没後1400年 第2部①】その名は「厩戸」 キリスト降誕にも重なる謎のルーツ [2)日本の歴史]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【御朱印巡り】禰豆子に似ている? 鬼女ならぬ貴女まつる信州の寺 [1)伝統・文化]


タグ:御朱印巡り
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【花外楼の人・歳時記 水無月】料理を引き立てる皿に 東海道五十七次、謎めく旅情  [1)伝統・文化]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース