So-net無料ブログ作成

【有本香の以読制毒】このまま変える必要など…靖國神社「分祀」など論外 旧日本兵の「ご遺骨」、一刻も早く帰還を [■英霊・靖国]

【有本香の以読制毒】このまま変える必要など…靖國神社「分祀」など論外 旧日本兵の「ご遺骨」、一刻も早く帰還を

大勢の人でにぎわう靖國神社の「御霊まつり」
大勢の人でにぎわう靖國神社の「御霊まつり」

 

 16日(火曜日)、靖國神社(東京・九段北)の「御霊(みたま)まつり」へ出かけた。御霊まつりは、毎年お盆の時期に催される戦没者慰霊祭だ。参道から境内まで、大小3万余の献灯が飾られ、夏の夜空を美しく彩ることで知られている。

 この日の午後は、作家の百田尚樹さんと対談をしていた。百田さんが今年、御霊まつりの献灯に初めて揮毫(きごう)したというので、「それでは、ひと目見に参りましょう」と促し、対談終了後に出向いた。

 参道は人であふれていた。老若男女といいたいが、驚くほど若い人が多い。数年前の一時期、ナンパ目当てで風紀を乱す来訪者が増えたとかで、露店を取りやめたこともあったが、今年は露店もにぎやかだった。

>>続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

★ふと考える 日本は今?(7) 2011 東北だ震災 [◆ふと思う・・]

 

ふと考える 日本は今?(7) 2011

 

東北地方に大地震が起きた

未曾有の大災害、おまけに福島原発の事故

被災地の皆様には心からお見舞いを申し上げます。

又、亡くなられた方々には心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

未だ被災状況は判明せず、被害は残念ながら増大の方向にある・・・

ふと、旧約聖書のソドムとゴモラを思い出した、

両者は性の乱れでヤハウェ(神)によって滅ぼされた・・・と言う話、

(私は信者では有りませんが)

 

日本の場合、政治の乱れ、役人の怠慢、国民の利己、

日本の伝統、文化のおざなり・・・

これで神から罰を受けたのではないか?、

何故かそう思えて仕方がない。

 

被災地の皆様には申し訳なく思いますが、

東京が残されたのは、まだ機会を与えられたと言うことではないだろうか。

もし、東京が壊滅状態になれば、日本沈没は免れない、

30年以上は元に戻らないだろう。

 

日本国民として、成すべき事は何だろう?

今こそ、日本人一人ひとりが真剣に考える時ではないだろうか、

日本民族の伝統と文化を取り戻し、

日本人としての自信と誇りを取り戻すこと!

此のことしかないような気がする、

 

腹立たしい反日(日本弱体化)勢力を蹴散らして!、

頑張るのは今なのでは、

日本国民の多くが頑張れば簡単な問題だ!・・・そう信じる。


タグ:ふと思う
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★*国民に命を掛けて国を守る意志はあるのだろうか? [◆記事を読んで・・・]


「自由は勝ちとるもの」死去の方励之氏 受け継がれる民主化思想

2012 4.8 00:14

記事を読んで

 

*国民に命を掛けて国を守る意志はあるのだろうか?

 

自由は勝ち取るもの、この言葉を実感する日本国民はほとんどいないだろう、立場は勝ち取るもの、相場は勝ち取るもの、ビジネスは勝ち取るもの、喧嘩は勝ち取るもの、試合は勝ち取るもの・云々、しかし、命がなくなる恐れは余りない。

 

日本では、この実感はマフィアがらみのビジネスか、刃物を持って喧嘩したか、外人部隊で働いたかの経験がないと実感としてはないだろう。これ以外では奴隷、もしくは同様の経験があるかだろうが、日本ではこの制度はなかった。

 

世界の代表格は旧ソ連、ポルポト時代のベトナム、中国、北朝鮮、・・・アラブの春に代表される中近東の独裁国家、アフリカの部族間紛争頻発国、ロシアは幾分緩和のようだが、中国、北朝鮮は戦後から未だ続く超代表格、立地からして日本が今日まで無事にこられたの画不思議な位だ、ひとえに米国の核の傘のおかげと言う他ないだろう、がこれが本当に良かったか否かは議論を呼ぶところだが・・・・・・。

 

 中国の人権活動家、天安門事件の当事者の言葉には重みがある、日本ではほとんど報道されていなっかたが、外国の特派員の撮った映像がネットでかなり流れた。今はまだあるのかどうかは解らないが削除されている公算が高いと思う

 

これを見た限りでは、丸腰の人民に戦車で攻撃、弾圧ではない、虐殺の方が的確な表現だろう、それぐらい悲惨な映像だったのだ。日本のテレビ、新聞愛好、妄信国民は未だに真実を知らないのだ。

 

今、それと同等以上の状況が展開しているのが、チベットとウイグル。これも何故か日本のメディアは報道しない。国内のメディアは既に大陸と半島に占拠されていると言っても過言ではないと思う。この状況は既に数年続いている。何故かNHKも怪しいのだ。

 

 今後の日本の自由を勝ち取るとはどう言うことなのか?

その前に、今の日本は本当に自由なのか?ある程度の生活が出来れば自由なのか?今の社会は何時まで続くのか?日本国民はこんなことは考えない、戦後考えなくなったのだ。考える事を止められたとは言えないのか?こんな疑問は大抵の国民には起こらない。

 

戦中までは、祖先は自由を守るために戦ったと考えられないのか?当時の世界常識では負ければ植民地、戦勝で得た領地の放棄は最大の恥辱だろう、それ以上に大国の侵攻の足場を与えることの危険さ、意味を十分に理解していたのだろうと思う。

 

余談になるが、武道に殺気を感じると言う言葉がある、私も武道の達人ではないので、良くはわからないが、命を懸けた戦いを続けて初めて解りえるものではないのだろうか?、現代の日本では、武道家でも感じえる方は極僅かではないのだろうか。

 

 現代日本は私的に言えば、戦後ず~と、米国の掌の中の自由ではなかったのかと?国防を委ねた、然るべき成り行きだが敗戦国の国民は誰も疑念を訴えなかったのだろう、もしくは余りにも少数過ぎたのか?この部分だけで言えば吉田首相は大罪人と言うことになる。日本の自主独立を放棄した張本人だからだ。

 

 現代日本で自由を勝ち取ると言うことは、国土防衛しかないだろう、隣国で変前と略奪、民族浄化が行われているのに、それを解さない、無視出来る国家に成り下がっているのだから如何しようもないだろう。

 

今の日本に命を掛けて国を守る意志のある国民がどれほどいるのだろうか?

仮定の話ではない。

侵略は起こった時には既に遅いのだ。

相手国にその気概と軍事力がないから侵攻してくるのだから・・・

この単純な道理を国民は理解、認識していない。

これが、国防を他国に預けた国の行き着く先なのだろう・・・残念ながら。

 

ウィキリークスが明かす天安門事件の裏

 

中国天安門事件の報道差・NHK、海外メディア、チャンネル桜



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(12 [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(12

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの●(=■12)「非理法権天」が意味するもの
正成を祭る湊川神社にある「非理法権天」の旗=神戸市中央区(沢野貴信撮影)
 ■「非理法権天」が意味するもの
 楠木正成(くすのき・まさしげ)といえば、「七生報国(しちしょうほうこく)(7度生まれ変わっても国に尽くす)」や家紋である「菊水」といった言葉が思い浮かぶ。その一つに「非理(ひり)法権天(ほうけんてん)」がある。「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」として、天道(至上万能の神)に従って行動すべきだと説く言葉である。
 忠臣・正成を象徴する言葉として語り継がれているが、正成の活躍を描いた『太平記』や『梅松(ばいしょう)論』には、正成が「非理法権天」の旗印を押し立てて戦場を駆け巡ったという記述はない
>>続きを読む

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース