So-net無料ブログ作成

★男系皇位継承安定へ 自民有志が「護る会」近く発足 [皇室(ニュース)]

産経ニュース



男系皇位継承安定へ 自民有志が「護る会」近く発足

 自民党の有志議員が、父方の系統に天皇を持つ男系の皇位継承の安定など保守の立場で課題解決を目指し行動する議員グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(護る会)を近く発足させることが10日、分かった。
 発起人は鬼木誠、高木啓、長尾敬の各衆院議員と青山繁晴、山田宏両参院議員の5人。女性宮家の創設に反対してきた議員が中心で、青山氏は取材に「間違ってもいわゆる女系天皇の誕生につながらないよう、具体的な施策を早く決める必要がある。候補者によっては夏の国政選挙で国民に問うてほしい」と語った。
 護る会は、男系皇位継承に加え、北海道で中国資本、長崎県対馬市で韓国資本による不動産買収がそれぞれ進んでいる現状を踏まえた外国資本による土地買収の拡大防止、「スパイ防止法」制定目標の3本柱に据え、政府に立法作業を促していく方針だ。
>日本国民は騙されてはいけない!!・・
 国民民主は既に皇室典範改正案で将来の女系天皇誕生を画策
 

「男系の女性天皇」容認 国民民主の皇室典範改正案

 国民民主党が安定的な皇位継承策としてまとめた皇室典範改正案の全容が10日、判明した。男系の女性天皇を容認することが柱で、女系天皇は「時期尚早」として認めず、あくまで男系を維持する。近く党内手続きに入り、今国会での提出を目指す。夏の参院選公約にも盛り込む。
 現行の皇室典範は、皇位継承資格を「男系の男子」に限定しているが、国民民主党の「皇位検討委員会」(座長・津村啓介副代表)がまとめた改正案では「男系の子孫」と変更し、男系の女性天皇は認める内容とした。きょうだいの中では男子を優先する。
 改正案によれば、皇位継承順位は1位が天皇、皇后両陛下の長女、敬宮愛子さま、2位が秋篠宮さま、3位が秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまとなる。女性天皇の配偶者も皇族とすることを定め、敬称を「皇配」とした。
>国民民主案、之の部分が曲者・・
 孤島無知な国民はすぐ騙される
 
❶【大道無門】谷田川惣、女系論の誤魔化しを暴く![桜H24/5/4]  
❷【谷田川惣】皇統は万世一系である[桜H23/6/30]

タグ:皇統
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース