SSブログ

深刻、菅政権の“説得力” 自宅療養方針に与野党から反論噴出 八幡氏「広報力強化を」 木村盛世氏「極めて妥当な措置」 [★>武漢コロナ(国内)]

深刻、菅政権の“説得力” 自宅療養方針に与野党から反論噴出 八幡氏「広報力強化を」 木村盛世氏「極めて妥当な措置」

自宅療養について記者団の質問に答える菅首相 =4日、官邸
自宅療養について記者団の質問に答える菅首相 =4日、官邸

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う病床の逼迫(ひっぱく)に対応しようと、重症者や重症化のリスクが高い患者以外は基本的に「自宅療養」とする新たな方針を打ち出した。これに対し、与野党から異論・反論が噴出し、4日の国会は紛糾した。政府から与党への根回し不足は否めず、国民への説明不足もあらわになった。コロナ禍で、菅義偉政権の「説得力不足」は深刻だ。

 「酸素吸入が必要な中等症の患者を自宅でみることはあり得ない。政府方針の撤回も含め、検討し直してほしい」

 4日の衆院厚労委員会で、公明党の高木美智代政調会長代理は、こう政府をただした。自民党のコロナ対策に関する会議でも同日、「聞いていない!」と撤回を求め、突き上げる声が上がった。

>>続きを読む


タグ:コロナ対応
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0