SSブログ

中国の尖閣接近・上陸は重大凶悪犯罪、現行法で海保は「危害射撃」可能 政府見解

中国の尖閣接近・上陸は重大凶悪犯罪、現行法で海保は「危害射撃」可能 政府見解

東シナ海上空から臨む尖閣諸島
東シナ海上空から臨む尖閣諸島

 菅義偉政権が、領土・領海を守る決然とした姿勢を見せた。政府は25日、自民党国防部会・安全保障調査会の合同会議で、中国海警局の船が、沖縄県・尖閣諸島への接近・上陸を試みた場合、重大凶悪犯罪とみなして危害を与える「危害射撃」が可能との見解を示した。尖閣周辺で領海侵入を繰り返す海警船に対し、海上保安庁の武器使用の範囲を明確にした。

 「現行法の中で何がどこまでできるかを、ギリギリまで詰めた結果で、即時適用可能だ」

 自民党の大塚拓国防部会長は会合後、記者団にこう強調した。海警船への対応として、「正当防衛・緊急避難」以外で危害射撃ができると政府が説明したのは初めて。

>>続きを読む

?

[>]憲法に条項?の自衛隊・・・

 国を守るのに警察法適用の無様

 憲法改正もお題目化の国会

 今や憲法9条は国防逃避議員たちの錦の御旗

?

 たった一度の敗戦で

 国防を忘れ国を守る気概も知恵もなくした敗戦

?

タグ:尖閣
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0