SSブログ

「スピード感をもって」とは?国語力疑わしい菅首相 言っていることと現実の乖離、首相の言葉は口先だけの言い繕いか 2021.2.28(日) 青沼 陽一郎 2月22日、衆議院予算委員会での菅義偉首相(写真:Motoo Naka/アフロ) (作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)  放送事業関連会社の「東北新社」に勤める息子が利害関係のある総務省幹部を接待していた問題は、ついには“お気に入り”とされる山田真貴子内閣広報官が総務審議官時代に7万円を超える接待を受けていたことが発覚して、膝元にまで飛び火した菅義偉

「スピード感をもって」とは?国語力疑わしい菅首相

言っていることと現実の乖離、首相の言葉は口先だけの言い繕いか
2021.2.28(日)青沼 陽一郎
2月22日、衆議院予算委員会での菅義偉首相(写真:Motoo Naka/アフロ)

(作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)

 放送事業関連会社の「東北新社」に勤める息子が利害関係のある総務省幹部を接待していた問題は、ついには“お気に入り”とされる山田真貴子内閣広報官が総務審議官時代に7万円を超える接待を受けていたことが発覚して、膝元にまで飛び火した菅義偉首相。いつの間にか息子が政権にダメージを与えている様を見て、ギリシャ神話のエディプス王が頭に浮かんだ。父王に捨てられたエディプスが、知らないうちに父王を殺し、王となって生母である先王の王妃を妻とする物語だ。フロイトの説くエディプス・コンプレックスに通じる神話で、大きな権力を手にしていく父親に、息子のほうでもどこかでコンプレックスを抱いていたのかも知れない。

違和感多い首相発言

 その菅首相が就任してから、来月で半年になるが、その発言を聞いていると、どうも言葉に違和感を覚えることが少なくない。もっと言えば、自分の話した日本語の意味がわかっているのか、首を傾げたくなる。その言葉を、いくつか指摘してみる。

>>続きを読む

言っていることと現実の乖離、首相の言葉は口先だけの言い繕いか
2021.2.28(日)青沼 陽一郎


2月22日、衆議院予算委員会での菅義偉首相(写真:Motoo Naka/アフロ)

(作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)

 放送事業関連会社の「東北新社」に勤める息子が利害関係のある総務省幹部を接待していた問題は、ついには“お気に入り”とされる山田真貴子内閣広報官が総務審議官時代に7万円を超える接待を受けていたことが発覚して、膝元にまで飛び火した菅義偉首相。いつの間にか息子が政権にダメージを与えている様を見て、ギリシャ神話のエディプス王が頭に浮かんだ。父王に捨てられたエディプスが、知らないうちに父王を殺し、王となって生母である先王の王妃を妻とする物語だ。フロイトの説くエディプス・コンプレックスに通じる神話で、大きな権力を手にしていく父親に、息子のほうでもどこかでコンプレックスを抱いていたのかも知れない。

違和感多い首相発言

 その菅首相が就任してから、来月で半年になるが、その発言を聞いていると、どうも言葉に違和感を覚えることが少なくない。もっと言えば、自分の話した日本語の意味がわかっているのか、首を傾げたくなる。その言葉を、いくつか指摘してみる。

>>続きを読む


タグ:菅首相
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0