マンハッタンの高級百貨店バーニーズ・ニューヨークが経営破綻の宣言をし、8月6日に連邦倒産法第11章(俗にチャプター11と呼ばれる)を申請した。

 バーニーズ・ニューヨークがチャプター11の申請を行ったのは1996年に続いて二度目だが、前回はどうにか建てなおした。2012年には売却されて再スタートをきっていたが、7年目にして再度この日本の民事再生法にあたるチャプター11の申し立てとなった。

Photoshot/アフロ

 

 すでに今年になってからマンハッタンでは五番街にあったロード&テイラー、そして日本の観光客にも人気だったヘンリ・ベンデルと歴史のある百貨店が次々経営破綻し、そのドアを永遠に閉じてきている。

 その中でもハイクラスという意味では、超高級ブランドをそろえたバーニーズ・ニューヨークは別格といえる。筆者もここではウインドウショッピングをしたことはあるものの、実際に買い物をしたことはない。

 街を歩いていても、昨今ではバーニーズのショッピングバッグを提げて歩いている人物を目にすることはほとんどなかった。おそらくこの世界的不景気で、かなり売れ行きも落ちたのではないかと思っていた矢先のことであった。

>>続きを読む